フライトに欠かせない私のマストアイテム

SkyTeam Musthaves

私自身は6歳の頃から世界中を旅していたので、アメリカ国外に旅行したことがないばかりか、飛行機に乗ったこともない人々がたくさんいるというのを忘れてしまいがちです。

航空ジャーナリストとして、出張に出掛ける時の自分なりの決まり事を作りましたが、その中に、エコノミー席でも、アップグレードをしてもらった時でも、いつでもフライトを快適にしてくれるアイテムがあります。下記の6つが、いつでもフライトを快適にしてくれる私のマストアイテムです。

ネックピローとスリープマスク:認めます -- 実はそれまでは旅行用のネックピローを使ってる人がおかしく見えて、笑っていた一人です。長時間フライトで使用する私のチョイスは、Lewis N. Clarkのコンバーチブルピローです。これは腰当てとしても兼用できるものです。同ブランドのアイマスクも快適なので気に入っています。調節可能で、内部にはくぼみがあるので、目にも「息をする」だけの余裕があります。さらに、マスクは光を100%遮断してくれます。

ノイズキャンセリングヘッドフォン:2006年に迎えた初めての母の日に、Sharper Imageのヘッドフォンをもらいました。それ以来、技術は飛躍的に進化していますが、私にはSharper Imageのヘッドフォンが欠かせません。ただ、セレクションに、 Urbeats Beats By Dr. Dre earbuds のイヤフォンを加えました。

スナック:フライトが国内線であろうと国際線であろうと、ナッツ、プロテインバー、グラノラなど、保存のきくスナックを持って飛行機に乗ります。長時間の国内線の場合、自分で食べるものを用意していきます。通常は、ボルチモアの Neopol Smokery, に売っているスモークサーモン、 Atwater’s, のチーズ、クラッカー、果物、それからSmartpopのポップコーンをもっていきます。さらに、セキュリティチェック後や機内でのリフィルのために、1ドルショップで購入した空の水のボトルも持っていきます。Pashima(パシュミナ):アメリカ国内の空港にある Bijoux Terner $10ストア で売っているPashimaが大好きです。いろんな色のものを持っていますが、Pashimaはどんな用途にも使えるアイテムです。巻いたり、枕にしたり、スカートのカバーにしたり、黒の旅行用ドレスをドレスアップするために使ったりしています。

Mophie Juice Pack Powerstation Duo: 機内や搭乗ゲート付近でいつでも電源が使えるとは限りません。私は自分のiPhone 5sとiPad Air用に、Mophieを携帯していて、必要な時には二つを素早く充電してくれます。

Coach Poppy Signature Travel Tote Shoulder Bag: こういったアイテム全てを何かに入れて持ち運ばないといけません。そこでこのバッグが私の旅行用バッグになりました。大きくて、余裕があり、大きい持ち手は肩にもかけられ、ショルダーストラップ、3つの大きなオープンポケット(iPod、iPhone、その他アイテム用)、チャック付のポケットもあり、外側の深いポケットにはパスポートとボーディングパスを入れるのに重宝しています。

 

航空クイーン、Benét Wilson氏のように飛行機の乗り方を知っている人はほとんどいないでしょう。彼女の旅行における秘訣を皆様と共有できることをうれしく思います。

Benét J. Wilson Editor, Aviation Queen

http://www.aviationqueen.com

 facebook linkedin twitter google pinterest flickr