シームレスなご旅行を6つのステップでさらにスムーズに

Travel

スカイチームの最も利用されているハブ空港では、今月だけで約600,000個の荷物が加盟航空会社の航空機の間で積み替えられます。

スカイチーム加盟航空会社の飛行機は、世界中で5秒ごとに離陸しています。シームレスなご旅行こそスカイチームの価値観の中核を成します。  加盟航空会社は、お客様のご旅行をスムーズなものにするために全力を尽くしておりますが、お客様にご協力いただき、幾つかの簡単な旅のヒントをご理解いただくだけで、荷物の遅延を最小限に抑え、ご旅行をさらにシームレスにすることができます。

お荷物のタグをご確認ください  受託手荷物の担当者は常に古い荷物タグを取外しますが、バーコードや一連の数字を表示した小さなステッカーは見過ごされやすく、特にフライト間の乗り継ぎ時間が短い場合に、お荷物が目的地まで届かないという事態を引き起こす可能性があります。以前のフライトのタグがついたままですと、空港の荷物情報を読み取るスキャナーや受託手荷物担当者が混乱し、荷物が間違った目的地に届いていしまうことがあります。

Luggage

お名前をお書きください  全ての受託手荷物には、お名前に加え、フライトの詳細、目的地、連絡先お電話番号をご記入ください。そうすることで、もし受託手荷物が目的地に届かないという間違いが起こってしまった場合にも、航空会社が後からお客様のお手元にお荷物を届けやすくなります。

分かりやすい目印を付けてください  バゲージクレームのコンベヤーには、何百個という類似した荷物が流れており、特に長いフライトの後には、ご自分のスーツケースを他のお客様のものと見分けるのが難しくなります。明るい色のリボンやタグ、色の付いたストラップをつけるなどの簡単な方法で、もっと荷物を見分けやすくすることができます。

Airport

受託手荷物許容量をお調べください  旅程によって、スカイチーム・エリート会員とスカイチーム・エリート・プラス会員のお客様は受託手荷物許容量の追加特典が受けられます。エリート会員のお客様は10kg、エリート・プラス会員のお客様は20kgの重量追加特典があります。個数での追加特典の場合は、それぞれ荷物1個です。スポーツ器具や楽器など規格外の荷物をお持ちの場合は、事前に特殊条件の有無を航空会社にお��い合わせいただくことをお勧めします。

荷物のサイズに制限があります  受託手荷物にしたくない場合は、お客様のお手荷物が、ご搭乗される航空会社の機内持込み手荷物の範囲内のサイズであることを事前にご確認ください。  もし規制内に収まらない場合、ゲートでお手荷物を預けていただくようお願いします。

Staff

お時間に余裕を持たせてください – 荷物の遅延は、やむを得ず発生してしまう場合があります。フライトの接続時間を長めに設定することで、お客様が次のフライトに確実に乗り継げる可能性が高まるだけでなく、受託手荷物も、次のフライトに確実に積み替えられることになります。 

次のご旅行の前には、以上のヒントを思い出していただき、お荷物のタグを必ず確認し、お客様とお荷物が目的地に同時に到着できるよう、ご協力をお願いいたします。

スカイチーム空港サービスチーム