マイケル・ウィズブラン (Michael Wisbrun)

マイケル・ウィズブランは、スカイチーム経営陣のトップとして、アライアンスの将来に向けて運営委員会の戦略的ビジョンの実現を監督しています。ウィズブランの指揮下で、スカイチームは世界的に大きく成長し、多数の主要経済地域から加盟航空会社を迎えることによって、大中華圏、米国、ヨーロッパ、アジア太平洋地域でも優位に立ちました。航空業界に36年の実績を持つウィズブランは、エールフランスKLMカーゴの執行副社長など、KLMオランダ航空で数々の管理職を務め、エールフランスKLMグループの経営委員会でも活躍した後、2011年にスカイチームに加わりました。また、デルフト工科大学で工学修士号を取得しています。