マイケル・キムマン (Michael Kimman)

マイケル・キムマンは、スカイチームのIT戦略の立案と実施、ならびにIT開発にかかわるすべてのプロジェクトを統括しています。同氏の責務の重要な要素は、全加盟航空会社のITプラットフォーム間の接続を実現することです。

前職ではKLMオランダ航空の最高情報責任者を補佐する副社長を務め、この分野で豊富な経験を培いました。デルフト大学で数学学士号を、ロッテルダム/デルフト大学でMBAを取得後、1977年にKLMオランダ航空に入社。その後30年以上にわたり、ネットワーク、客室乗務員、調達、貨物などさまざまな部門を経験しました。