チャイナ エアラインがスカイチームに加盟

 

アジア太平洋地域5社目となる航空会社を迎えることで、同地域におけるアライアンスのネットワークを強化

台北、2010年9月14日 - 台湾のフラッグ・キャリアであるチャイナ エアラインは本日、スカイチーム航空アライアンスへの公式加盟に向けた加盟プロセスを開始したことを正式に発表しました。 この加盟プロセスは2011年半ばには終了する予定です。 この発表は、中国東方航空がスカイチームへの加入契約に署名したちょうど数ヶ月後に行われました。 チャイナ エアラインのアライアンスへの加盟により、中国南方航空の地位がさらに強化され、大中華圏におけるスカイチームのこのうえない存在感を不動のものとします。チャイナ エアラインがパートナーとなれば、スカイチームのお客様にはさらに拡大されたアジア太平洋地域のネットワークをご利用いただけるようになります。

台北に本社を置くチャイナ エアラインは、世界で最もダイナミックなテクノロジー主導経済のひとつ台湾最大の航空会社で、豊富な観光資源に恵まれ、航空業界の拡大も見込まれています。

台北での公式式典において、チャイナ エアライン社長の孫洪祥(ソン・ホンシャン)氏はスカイチーム加盟各航空会社の CEO および代表者らとともに加盟契約(Adherence Agreement )に署名し、チャイナ エアラインのスカイチーム加盟に向けた正式なプロセスを開始することとなりました。 署名式は 台北国立コンサートホールで行われ、スカイチーム運営委員長のレオ・ファン・ヴァイクスカイチーム常務取締役のマリー・ジョセフ・マレ、ならびにこの先加盟が予定されている中国東方航空 会長の劉紹勇(リウ・シャオヨン)氏が立会いました。

「チャイナ エアラインが我々のネットワークに加入することで、スカイチームは際立った経済発展を続ける大中華圏の市場においてその無類な存在感を不動なものにしていくことでしょう。」 とレオ・ファン・ヴァイク氏は述べています。 「現在の加盟航空会社が提供するサービスに加え、チャイナ エアラインは、台湾と中国の複数主要都市を結ぶ広範な海峡横断路線を運航します。また、台北はアジア地域におけるビジネスの主要都市であり、アジア地域のもう一つのハブとして機能することでしょう。」

「チャイナ エアラインにとってスカイチームへの加盟は長期開発戦略であり、また我々もこのような目的を念頭に置きながら、長年に渡りスカイチーム加盟各航空会社と様々な協力体制を積極的に推進してきました。 ワールドクラスのアライアンスへ加盟する初めての台湾系航空会社としての当社の戦略的目標は、継続して収益性を強化するとともに、国際市場での競争力を高めることです。」  と、チャイナ エアライン会長、フィリップ・ウェイ氏は語っています。

マレ氏はさらにこう付け加えています。 「我々は、スカイチームにチャイナ エアラインを迎えることができ、大変光栄に感じております。 現在は、チャイナ エアラインが既存の加盟航空会社と緊密に協働して相互に協定を結び、100以上の加盟要件を満たす段階にきております。 我々は特に、アジアの加盟航空会社がアライアンスで培ったその高度なノウハウを活かし、加盟プロセスにおいてチャイナ エアライン��支援し、2011年半ば頃に効率よくスカイチームに加盟できるよう期待しています。」

大中国圏、アジア、そしてグローバルなネットワークの最大化 

チャイナ エアラインのネットワークは、広州を拠点とした中国南方航空および上海を拠点とした中国東方航空のネットワークを補完します。 このスカイチーム加盟航空会社3社の協力によって、スカイチームの大中華圏における類まれな確固たる地位がさらに強化されるでしょう。台湾海峡両岸間のサービスを提供する最大級の旅客および貨物を取り扱う航空会社であるチャイナ エアラインのスカイチームへの加盟は、アジアをリードする航空およびビジネスのハブとなる取り組みを行う台湾にとって重要なマイルストーンとなるでしょう。

スカイチームは、この地域における地域ネットワークを拡大することで大きなメリットを得るでしょう。 海外93路線のうち、チャイナ エアラインのネットワーク加盟により、新規就航都市として沖縄、宮崎、スラバヤおよびパラオの4都市が加わります。グローバルな見地からすると、アジア第5位の航空会社を追加することで、スカイチームはアジアの新進経済大国、大中華圏を世界とつなぐことができるようになるのです。 チャイナ エアラインの広域にわたる路線ネットワークは、アジア、ヨーロッパ、北米およびオセアニアをカバーし、お客様には世界中のスカイチーム提携航空会社の運航便にお乗り継ぎいただけます。

メディア向け情報のお問い合わせ:

スカイチーム チャイナ エアライン
スカイチーム コーポレート・コミュニケーション 
電話: +31 (0)20 333 3064
Eメール:media@skyteam.com
コーポレート・コミュニケーションおよびカスタマー・リレーションズ
電話:+886 (0) 3 3998620
Eメール: TPEJNCIBOX@email.china-airlines.com



チャイナ エアラインについて

チャイナ エアラインは1959年に創業以来、台湾で常に最大規模を誇り、アジアを代表する航空会社としての地位を維持しています。 世界最新の技術を採り入れた航空機を保有するチャイナ エアラインは現在、世界28 つの国と地域、93 都市に就航し、快適で安全なサービスを提供しています。 2010年8月末の時点で、チャイナ エアラインは 46 機の旅客ジェット機および 20 機の貨物機を含む 66 機の航空機を運航しています。 チャイナ エアラインが保有する航空機の平均使用年数は7.9 年です。

スカイチームについて

スカイチームは、加盟航空会社をご利用のお客様に、さらに多くの目的地、さらに多くのフライト数、そしてさらに便利な乗り継ぎを備えた広範なグローバル・ネットワークへのアクセスを提供している国際的な航空アライアンスです。 お客様には、スカイチーム・ネットワーク全体を通じて フリークエントフライヤー・マイルを獲得いただけ、特典との交換もご利用いただけます。 スカイチーム加盟航空会社は、お客様に世界 420ヶ所以上のラウンジを提供しています。 加盟航空会社は、アエロフロート航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ航空、エールフランス航空、アリタリア航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ケニア航空、KLM オランダ航空、大韓航空、タロム航空、ベトナム航空の13社です。 年間 3億8500万人のお客様にご搭乗いただいているスカイチームは、毎日 12,500 便のフライトを 169 か国、898 地域に向けて運航し、ワールドワイドなネットワークシステムを展開しています。 スカイチームは、2010年に創立 10 周年を迎えます。 www.skyteam.com