スカイチーム創立10周年記念式典を開催


創立から 10 年で加盟航空会社数を 3 倍以上、フライト数を 2 倍にまで拡大したアライアンスに、エア・ヨーロッパ、ケニア航空、タロム航空が正式加盟。  

ニューヨーク、2010年6月22日 - 本日、スカイチームの CEO および会長らがニューヨークに集合し、アライアンスの創立 10 周年を祝いました。 2000年の創立以来、スカイチームは加盟航空会社数を 3 倍以上に拡大。フライト数は 2 倍、運航都市数もほぼ 2 倍に増加しており、お客様に全大陸への便利なサービスを提供しています。

スカイチームのリーダーたちはこの 10 年の達成を振り返り、次の 10 年、そしてそれ以降の戦略的な重点事項の概略について話し合いました。 彼らはお客様と加盟航空会社の両者に益のある成長を目指し、協力体制のさらなる強化とネットワークの拡大を誓いました。 このミーティングでは、スカイチームにより以下の事項が行われました:

  • 中国を代表する航空会社のひとつである中国東方航空が、スカイチーム加盟航空会社として正式な新規加入手続きを開始する契約に署名
  • エア・ヨーロッパ、ケニア航空、タロム航空をアライアンスの正式メンバーとして迎えるための、メンバーシップ・プログラムの改訂

アエロメヒコ航空、エールフランス航空、デルタ航空、および大韓航空によって 2000年に設立されたスカイチームは、最近加盟したベトナム航空、並びに今週金曜日に加盟を予定しているルーマニアの航空会社、タロム航空を含め、2010年には 13 の航空会社が加盟するまでに成長を遂げています。 スカイチーム発足当時は 98 ヶ国、451 都市に向けて毎日 6,402 便を運航していましたが、今日では 169 ヶ国、898 都市に向け毎日約 13,000 便を運航しています。

さらに深まる協力体制

「過去 10年間にわたる草分け的な合併と共同事業によって築いてきたスカイチームの実績は、加盟航空会社の協力関係を一層強め、お客様により低い運賃でより多くの市場へアクセスしていただける環境づくりを可能にしました。」と、スカイチーム理事会会長のレオ・ファン・ヴァイクは語っています。「スカイチーム加盟航空会社の着実な成長を見ても、ヨーロッパ、米国、アジア、アフリカの重要なハブ数ヶ所から運航する補足的なネットワークを繋いで、サービス範囲をグローバルに広げることを各社が重視していることがわかります。 今日では、さらに多くの就航先と、より多くのフライト、そして選択肢の増えた便利な乗り継ぎをお客様に提供しています。」

「規制解除とオープンスカイ協定によってさらに効果的な企業間の連携が可能になったことで、スカイチームは各航空会社が、大陸を越えた複雑な合併ということではなく、アライアンスとして協力し合い、お客様にご提供できる運航都市を世界各地に増やしていくという草分け的存在となりました。 そして、当アライアンスはこの先も成長し続けることでしょう。」

アジアでの成長

運営委員会の席で、中国東方航空がスカ��チームとの Adherence Agreement (加盟契約)に署名し、アライアンス加盟に向け正式なプロセスを開始することとなりました。 スカイチームの常務取締役であるマリー・ジョセフ・マレは、中国圏 2 社目となる航空会社がアライアンスに加盟することの価値についてこう語っています。「アジアはスカイチームにとって非常に重要な成長市場であり、当アライアンスは急速に発展しつつあるこの地域におけるサービスを強化するためのプロセスを順調に進めています。 新規メンバーとしてベトナム航空を迎え、さらに将来、中国東方航空が加盟すると、当アライアンスは現在よりも 10 % 多いフライトを毎日提供できるようになります。 中国南方航空と大韓航空を含むこれらアジア系航空会社 4 社は、アジアにおけるスカイチームの存在感を高め、当アライアンスのさらなる成長に貢献してくれるでしょう。 私たちはさらに多くのアジア系航空会社の加盟を考慮しており、アジアを代表するアライアンスとしてスカイチームの確固たる地位を築いていく方針です。」

将来的な重点事項

スカイチームはまた、ラテンアメリカ、東南アジア、インドなど、他地域でその存在感を高めていくことにも焦点を当てています。「この 10年間でスカイチームは、デルタ航空が提供できるサービスの範囲を超えて、お客様にさらなる利便性を提供できる環境づくりに重要な役割を果たしてきました。」と、デルタ航空の CEO であり、ニューヨークのスカイチーム運営委員会の主催者であるリチャード・アンダーソン氏は語ります。「こうした動きは、スカイチームが価値ある戦略としてお客様に新たな地域へのアクセスを提供することができる航空会社を引き続き勧誘していくことで、今後も継続されていくでしょう。」

メンバーシップ・プログラムの改定

スカイチームの 10 周年目という年は、アライアンスの成長という展望に見合う新たなメンバーシップ・プログラムを導入する記念すべき年でもあります。 従来のアソシエートメンバー航空会社プログラムは、現在のアライアンス加盟航空会社である各パートナーを含め、アライアンス加盟で得られる利点に関心がありながらも、スカイチームの正式メンバーに要求される戦略的条件を一部満たしていない航空会社を対象としていました。 これによってスカイチームは、広範なネットワークを構築し、世界各地へ向けてさらに多くのルートをお客様に提供することができるようになりました。 アライアンスの発展と統合においてよりいっそう成熟したスカイチームはこの度、全加盟航空会社をアライアンスとして正式に統合いたしました。 この再構築により、エア・ヨーロッパ、ケニア航空、そして新メンバーであるタロム航空も正式な加盟航空会社となります。 この変更に伴い、提携航空会社各社の結束も強化されるでしょう。 お客様にとっては、この動きによる変更点は何らございません。

詳細情報:スカイチーム・コーポレート・コミュニケーション:
Eメール: media@skyteam.com
電話:+31 20 33 33 064 または +31 64 33 83 664
または、スカイチーム加盟航空会社各社までお問い合わせください。

スカイチームについて

スカイチームは、加盟航空会社をご利用のお客様に、さらに多くの目的地、さらに多くのフライト数、そしてさらに便利な乗り継ぎを備えた広範なグローバル・ネットワークへのアクセスを提供している国際的な航空アライアンスです。 お客様には、スカイチーム・ネットワーク全体を通じて フリークエントフライヤー・マイルを獲得いただけ、特典との交換もご利用いただけます。 スカイチーム加盟航空会社は、お客様に世界 415ヶ所以上のラウンジを提供しています。 加盟航空会社は、アエロフロート航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ航空、エールフランス航空、アリタリア航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ケニア航空、KLM オランダ航空、大韓航空、タロム航空、ベトナム航空の13社です。 年間 3 億 9,500 万人のお客様にご搭乗いただいているスカイチームでは、毎日約 13,000 便を 169 ヶ国、898 都市に向けて運航し、ワールドワイドなネットワークシステムを展開しています。 スカイチームは、2010年に創立 10 周年を迎えます。 www.skyteam.com.