スカイチーム、最重要顧客向け優先サービス「SkyPriority(スカイプライオリティ)」を導入

独自ブランドの優先サービスによりお客様の空港での移動時間を短縮化

アムステルダム、2012年1月12日 - グローバルな航空連合(アライアンス)であるスカイチームは、スカイチーム・エリート・プラス会員およびファーストクラスまたはビジネスクラスご利用のお客様に対し、一連の優先サービスを提供する独自ブランド「SkyPriority(スカイプライオリティ)」の導入を発表しました。SkyPriorityは、スカイチーム加盟航空会社の空港における優先サービスの水準を統一し、共有するために開発されました。2012年3月に一部のハブ空港でサービスを開始し、その後数ヶ月間で800以上の空港に順次導入し、2013年前半には1,000カ所以上の空港で展開する予定です。 

SkyPriorityの導入により、スカイチーム加盟航空会社は、会社間の垣根を越えて、空港における優先サービスを共通で一貫した水準で提供することができます。空港ではSkyPriorityブランドを明確に表示することにより、お客様が空港内をスムーズに移動できるようサポートするとともに、空港スタッフが優先サービスの対象となるお客様を特定し、迅速にサービス提供することが可能になります。

SkyPriorityブランドは、 スカイチーム創始メンバーであるデルタ航空が考案し2010年に導入したものです。デルタ航空での成功を受けて、スカイチームとして同サービスを採用することを決定しました。航空連合全体でこのような統一の優先サービスをグローバルに導入するのは、スカイチームが始めてとなります。このサービスは、既存の加盟航空会社および今後加盟する航空会社すべてが導入することになります。

主なSkyPriorityサービスは、以下のとおりです:

  • 優先チェックインエリア
  • 優先受託手荷物預り所
  • 空港チケットオフィスでの優先サービス
  • 乗り継ぎデスクでの優先サービス
  • 保安検査場での優先レーン(該当空港のみ)
  • 優先搭乗サービス
  • 受託手荷物の優先的なお取扱い

スカイチームの常務取締役であるマイケル・ウィズブランは、次のように述べています。「SkyPriorityは、お客様により快適な空の旅をご提供するための我々の取組みの1つです。空港サービスの一貫性を高めることで、我々はお客様によりスムーズでより便利な旅をご提供することができます。これはスカイチーム全体の取り組みとしてはこれまでで最大のプロジェクトであり、お客様により良いサービスを提供するために加盟各社が緊密に協力し合っていることを示すものです。」

SkyPriorityサービスは世界中の空港で明確にブランドを表示し、該当されるお客様の搭乗券にはSkyPriorityマークが記載されます。SkyPriorityのブランドは各航空会社の既存のロゴと併せて表示されるので、お客様はどの空港でもSkyPriorityサービスをすぐに見つけることができます。 

SkyPriorityのサービス開始日と展開スケジュールは、航空会社によって異なりますが、最初に導入される空港はアムステルダム、アトランタ、広州、ナイロビ、上海、台北となります。2013年前半までには1,000カ所以上の空港でSkyPriorityブランドが展開される予定です。また将来的にはSkyPriorityの特典の追加も計画されています。 

報道関係者問い合わせ先:

スカイチーム・コーポレート・コミュニケーション
電話番号:+31 (0)20 3333064
メールアドレス:media@skyteam.com

スカイチームについて

スカイチームは世界的な航空連合であり、加盟航空会社をご利用のお客様は、多くの行先、便数の多さ、接続の良さを誇る広大なグローバルネットワークをご利用いただけます。お客様はスカイチームネットワークの全ての便でマイルを獲得・利用いただけます。スカイチーム加盟航空会社は世界中でラウンジを490か所以上ご用意しています。加盟航空会社15社:アエロフロート航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア航空、チャイナ エアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、タロム航空、ベトナム航空スカイチームは、173カ国の926都市へ向けて毎日14,500以上のフライトを運航し、年間4億8,700万人のお客様にグローバルな運航ネットワークをご提供しています。

www.skyteam.com / www.facebook.com/skyteam  / www.youtube.com/user/skyteam