国立博物館

国立博物館

アムステルダム・スキポール空港の国立美術館分館

スキポール空港にお立ち寄りの方はぜひ、オランダ黄金時代の芸術を堪能してください。アムステルダム国立美術館からヤン・ファン・ホイエン、ウィレム・ファン・デ・フェルデ、アブラハム・ミグノン、ミシェル・ファン・ミレベルなどのオランダの巨匠達による、風景画、海景画、肖像画、花の静物画など10点の絵画が展示されます。旅行者の方は昼夜、無料でこれらの絵画をご鑑賞いただけます。

アムステルダム・スキポール空港のアムステルダム国立美術館分館は、セキュリティの先、ラウンジ2と3の間にある最近改装されたレジャーゾーンのオランダ大通り(Holland Boulevard)にあります。2002年にアムステルダム国立美術館は、世界で初めて空港に新しく分館を設立した美術館となりました。そしてスキポール空港は現在、17世紀の芸術品をターミナルの真只中で展示する世界で唯一の空港です。オランダ大通りにはさらに、NEMO科学博物館からの展示や、図書館、リラクゼーションエリアなどがあります。

24時間無料でご利用いただけます

このS字型をした面積167平米の展示施設は、国際的な建築会社であるNEXT Architectsが設計し、展示レイアウトはIrma Boom氏が手がけました。アムステルダム国立美術館分館は24時間開館、入場無料で、2か所から入場できます。国立美術館やオランダの他の博物館からのお土産品を、併設のショップでお求めになれます。

Rijksmuseum