より効率的に、書類を少なく

eフライトは航空輸送に必要な書類の3分の2を電子データに置き換えました。その結果、コスト削減、処理時間の短縮、面倒な手続きの縮小を達成しました。スカイチーム・カーゴはeフライトの展開における最先端の世界的アライアンスのひとつの形です。

  • コストの削減

    eフライトは航空業界全体で、年間最大49億ドルの節約になります。

  • サプライチェーン移動時間の短縮

    貨物自体より前に出荷書類を送信できるため、サイクルタイムが短縮されます。

  • 正確さの向上

    電子データを1度だけ入力すれば済むため、データ入力のミスによる貨物の遅延が少なくなります。電子書類は置き忘れが少ないのも利点です。

  • 規制への準拠

    eフライトは、民間航空の要求にも、全ての国内・国際関税規制にも準拠しています。

  • セキュリティの向上

    電子書類は、貨物輸送の実行にそれを必要とする者にしか開示されません。

  • 環境にやさしい

    eフライトは、7,800トン以上の紙の書類を削減します。即ちそれだけの搭載重量とCO2の排出を削減します。