アルゼンチン航空カーゴ

1950年に設立されたアルゼンチン航空は、南米の大手航空会社です。ブエノスアイレスのホルヘ・ニューベリー空港およびエセイサ国際空港をハブとし、南北アメリカ、ヨーロッパ、南太平洋の21都市に国際線を運航しています。また、アウストラル航空とともに、アルゼンチン国内ではどの航空会社よりも多い36都市に就航しています。アルゼンチン航空は、リニューアルを終えたホルヘ・ニューベリー空港をハブとして、アルゼンチンと南米の各都市を活発に結んでいます。アルゼンチン航空グループは、保有機材の入れ替え計画も意欲的に実施し、現在、エアバス340型機、エアバス330型機、ボーイング737-700/800型機、エンブラエル190型機を運航しています。アルゼンチン航空は、2012年9月より、世界的なスカイチーム・アライアンスのメンバーです。アルゼンチン航空カーゴについての詳細は、http://cargo.aerolineas.com.ar/をご覧ください。