SkyTeam - History of the Alliance

スカイチームの歴史

沿革

2000年に設立されたスカイチーム・カーゴは、今日世界で唯一の航空貨物連合(アライアンス)です。

2000年9月: すでにスカイチーム旅客航空連合で提携する4つの航空会社が、貨物部門でもアライアンスを開始。アエロメヒコ航空、エールフランス航空カーゴ、デルタ航空ロジスティクス、大韓航空カーゴが、スカイチーム・カーゴの設立を発表しました。

2001年4月: チェコ航空カーゴが、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2001年8月: アリタリア航空カーゴが、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2001年11月: エールフランス航空カーゴ、デルタ航空ロジスティクス、大韓航空カーゴが、USカーゴ・セールスのジョイントベンチャーを設立しました。この目的は、販売力の統合、予約やサービスセンターの集中管理、包括的な路線網、米国輸出貨物向け共通商品ラインのメリットをお客様に提供することです。

2002年10月: スカイチーム・カーゴが新商品と新サービスを発表しました。 それはEquation(エクスプレス貨物)、Cohesion(ジャスト・イン・タイム貨物)、Variation(特殊貨物)、Dimension(一般貨物)で構成され、アライアンスの世界的なサービスの範囲を広げ、お客様を重視した製品ソリューションを提供します。

2003年8月: skyteamcargo.comのリニューアルにより、貨物追跡・回収および航空機発着スケジュール機能を改良し、商品セクションをダイナミックに表示するとともに、主要機能を利用しやすくしました。

2004年5月: エールフランス航空とKLMオランダ航空が合併し、総営業収益と旅客キロで当時世界最大の航空会社が誕生しました。

2004年9月: KLMオランダ航空カーゴが、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2005年5月: 商品の技術革新の継続: スカイチーム・カーゴは、医薬品の輸送に最適なバリエーションファーマを開発しました。

2005年9月: ノースウエスト航空カーゴが、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2008年4月: デルタ航空がノースウエスト航空を買収し、世界最大の民間航空会社となりました。

2010年11月: 中国南方航空カーゴが、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2011年5月: アエロフロート航空が、スカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2012年10月 - チャイナ エアラインがスカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2013年6月 - 中国貨運航空(CK)がスカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2013年11月 - アルゼンチン航空カーゴがスカイチーム・カーゴ・アライアンスに加盟しました。

2015年6月: 世界で1つだけのカーゴアライアンスとして成長したスカイチームカーゴが15周年記念を迎えました。