航空機材の最新情報

2015年の9ヶ月の間に、アエロフロート航空はボーイング737-800型を6機、SSJ100型を4機、ボーイング777-300ER型を3機追加しました。同時期に5機のIL-96型航空機が航空機材から排除されました。同航空会社の航空機材は8機の純増加となりました。2015年9月30日現在、アエロフロート航空の航空機材は163機となりました。

2015年の9ヶ月の間に、グループはボーイング737-800型を11機、エアバスA319型を1機、SSJ100型を4機、ボーイング777-300ER型を3機追加しました。9機のボーイング737-800型、1機のエアバスA320型、5機のIL-96型の航空機が、アエロフロート航空グループの航空機材から排除されました。同グループの航空機材は4機の純増加となりました。2015年9月30日現在、グループの航空機材は261機となりました。

アエロフロート航空、新しいSSJ-100航空機の運行へ

2015年10月30日、モスクワ — アエロフロート航空は、JSC Sukhoi Civil Aircraft(SCA)製造の完全仕様のSukhoi Superjet 100を新たに受領しました。

本機材(登録番号RA-89061)は、第二次世界大戦の兵士であり、ソビエト連邦の英雄である、Ivan Ryshkovにちなんで名付けられました。

新しいSSJ-100は、Sberbank Leasingとの長期賃貸制合意の元、アエロフロート航空に移送されました。

SSJ-100は新世代の地域ジェットで、Alenia Aeronauticaと共同してSukhoi Companyにより開発、製造されました。航空機は、広々とした二つのクラス構成で87名の乗客を収容でき(ビジネス12席、エコノミー75席)、航続距離は2,400 kmにわたります。SSJ-100は2011年1月にAviation Register of the Interstate Aviation Committee(IAC AR)から証明を得ています。

SSJ-100ジェットは、ヨーロッパで最新および最も技術的に進化した、アエロフロート航空の重要な航空機材の一部です。SSJ-100の合計発注数は30機となっています。