スカイチーム・カーゴのe-Freightプロジェクト進捗

スカイチーム・カーゴの加盟航空会社は、全体としても個別にも電子手続きの普及に努めています。以下に、主な加盟航空会社4社による進捗をご紹介します。

大韓航空e-AWB浸透率19.40%3

貨物IT計画チーム、ヨン・スンギョ:

当社では、経営幹部最新IT技術駆使したビジネスプロセスの革新注目し、e-AWB航空運送状電子化)を支持しています。手続きの簡素化プロジェクトにも十分投資しています。韓国内運送事業者は、たとえ多少不便があっても、前向きで協力的です。政府設置した単一のゲトウェイにより、航空会社運送事業者国内連絡簡素化され、デ交換手続きが改善されています。」

KLMオランダ航空e-AWB浸透率12.90%5

KLMオランダ航空カーゴefreigthプロジェクトマネージャー、ラルス・ウェーバー:

e-AWB浸透率いのは、いわゆる統一プロセスのおかげです。運送業者は、航空運送状なしで当社貨物配送できることをっています。当社必要じて最終目的地運送状印刷するからです。これはe-AWBきな利点であり、当社業務非常役立っています。」

ルフランス航空e-AWB浸透率13.80%8

e-freight実施責任者、アリー・コーヴィング:

当社は、AF/KL共同ドマップを導入しています。市場するアプロチは2つあります。1つは、当社担当者とグランドハンドリング業者がオペレショナルチェックをい、簡単手続きでe-AWBによる出荷可能にすることです。もう1つは、拠点e-AWB運用されている場合地元市場担当者相談し、すでにIATAe-AWB包括契約署名している顧客のリストを提供することです。これにより最短期間でプロセスを導入できます。」

デルタ航空ゴ(e-AWB浸透率20.40%9

eコマース担当シニアマネージャー、シャロン・ポインデクスター:

「デルタ航空ゴがe-AWBによる出荷数増加成功したのは、上層部をはじめ、貨物部門全体意欲があったためです。ペレスeコマスの推進は、事業計画主要要素であり、カスタマエクスペリエンスからスタッフルまで、すべての部署関係があります。つまり、全員目標かって足並みをえています。当社は、組織内計画する透明性維持し、追跡可能業績指標全体eビジネスんでいます。

出典:Air Cargo News、2014年4月7日