スカイチームアライアンス、リーダーシップの変更を発表

アムステルダム、2015611 - グローバルな航空会社のアライアンスであるスカイチームは、レオ・ファン・ヴァイク(Leo van Wijk)運営委員会会長が201511月の運営委員会を以って退任することを発表しました。ファン・ヴァイク氏は、20076月以来、運営委員会会長を務めてきました。今後、現在のスカイチームの常務取締役、マイケル・ウィズブラン(Michael Wisbrun)にその大役が受け継がれます。

スカイチームの運営委員会は、スカイチーム航空会社アライアンス経営陣の常務取締役として、ウィズブラン氏の後任にペリー・カンタルッティを指名し ました。現在、デルタ空港のヨーロッパ、中東、アフリカ担当上級副社長を務めるカンタルッティ氏は、2015年9月1日にウィズブラン氏との2ヶ月の移行 期間を経て、正式にスカイチームに加わります。

「2007年以来、アライアンスは世界中にその規模を拡大し、20社の加盟航空会社を携えるまでになりました。アライアンスが15周年を迎えるにあ たり、世界規模で加盟航空会社が一丸となり協力を強化しています。」とレオ・ファン・ヴァイクは述べ、さらに続けます。「スカイチームは、世界中のお客様 に対し、シームレスで一貫したサービスの提供を実現するべく、加盟航空会社がともにビジネスを簡単に行えるよう技術的なプラットフォームを提供し、基準を 調整します。『お客様により細やかなサービス』をモットーに、新しいレベルでシームレスな旅行体験をもたらすために、新しいリーダーシップチームは、この 業務実現煮向け邁進し続けます。」

スカイチームについての詳細は、こちらをクリック

スカイチーム
コーポレート・コミュニケーション
Eメール:media@skyteam.com

スカイチームについて

スカイチームは、20の加盟航空会社で構成される世界的な航空アライアンスであり、広大なグローバルネットワークを通じたシームレスな旅行の提供を 目指して協力しています。スカイチーム加盟航空会社は、世界各地の主要ハブ空港から1,050以上の都市へ信頼性と快適性に優れたフライトを運航していま す。お客様には、世界629カ所のラウンジでおくつろぎいただけるほか、フリークエントフライヤーマイルのご獲得/ご利用も可能です。スカイチーム・エ リート・プラス会員のお客様には、SkyPriority(スカイプライオリティ)優先サービスをご用意しています。20の加盟航空会社は: アエロフロート航空、アルゼンチン航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア航空、チャイナ エアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・ イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空となります。スカイチームは、世界177カ国の1,050以上の都市へ向けて毎日 16,320便以上のフライトを運航し、年間6億1,200万人のお客様にご利用いただいております。

www.skyteam.com / www.facebook.com/skyteam / www.youtube.com/user/skyteamwww.wechat/skyteam/