スカイチームがSkyPriorityの導入を完了し、主要空港で優先サービスを開始

航空連合として初めて世界共通の優先サービスを提供

アムステルダム、20141218 - グローバルな航空連合(アライアンス)であるスカイチームは、全路線網にSkyPriority(スカイプライオリティ)の導入を完了し、世界1,000カ所以上の空港でエリート・プラス会員およびファースト/ビジネスクラスのお客様に優先サービスの提供を開始しました。  

また、SkyPriorityのさらに有利なサービスとして、最も重要なお客様向けの出入国審査/保安検査優先レーンを導入すると発表しました。 

スカイチームは、主要空港の管理当局と協力し、出入国審査/保安検査優先レーンの設置を進めています。優先レーンは、世界の主要60空港に展開される予定です。現在、主要60空港のうち39の空港にはすでに保安検査の優先レーンがあり、21の空港には出入国審査の優先レーンがあります。

スカイチームの常務取締役であるマイケル・ウィズブランは、次のように述べています。「SkyPriorityは、スカイチームブランドとして初めて世界展開をし、成功させたサービスです。路線網全体にこのサービスを導入したことで、お客様の満足度は大幅に向上しました。27のハブ空港、そして6社以上の加盟航空会社が乗り入れる33の主要空港に優先レーンを設置することにより、世界中の最重要カスタマーの皆様に快適な旅行をお約束するという、スカイチームの継続的な取り組みを示したいと思います。」

スカイチームは、優先サービスを最大限に活用していただくため、SkyTeam.comにSkyPriority検索ツールも設置しました。このツールに出発、到着、乗り継ぎの空港名と利用する航空会社を入力するだけで、各空港で提供されているSkyPriorityサービスが表示されます。SkyPriority検索機能の詳細は、こちらをご覧ください。

SkyPriority Narita

詳細情報はこちら:  

SkyTeam 

スカイチーム・コーポレート・コミュニケーション

Eメール:media@skyteam.com

SkyPriorityについて  

スカイチームは、2012年のSkyPriority(スカイプライオリティ)発表により、最も重要なお客様に一貫した優先サービスを提供する初めての航空連合となりました。SkyPriorityサービスは、すぐにお客様の目にとまり、簡単にご利用いただけるよう、すべての空港でブランディングされています。SkyPriorityは、20のスカイチーム加盟航空会社すべての空港内優先サービスを統一し、ファースト/ビジネスクラスご利用のお客様およびエリート・プラス会員のお客様に共通したトップレベルのサービスを提供します。

主なSkyPriorityサービスは、以下のとおりです。

  • 優先チェックイン
  • 優先受託手荷物カウンター
  • チケットオフィス/乗り継ぎデスクでの優先サービス
  • 保安検査およびパスポート審査の優先サービス(所定の空港のみ)
  • 優先搭乗
  • 受託手荷物の優先お取扱い 

スカイチームについて 

スカイチームは、20の加盟航空会社で構成される世界的な航空アライアンスであり、広大なグローバルネットワークを通じたシームレスな旅行の提供を目指して協力しています。スカイチーム加盟航空会社は、世界各地の主要ハブ空港から1,050以上の都市へ信頼性と快適性に優れたフライトを運航しています。お客様には、世界516カ所のラウンジでおくつろぎいただけるほか、フリークエントフライヤーマイルのご獲得/ご利用も可能です。スカイチーム・エリート・プラス会員のお客様には、SkyPriority(スカイプライオリティ)優先サービスをご用意しています。20の加盟航空会社は:アエロフロート航空、アルゼンチン航空、アエロメヒコ航空、エア・ヨーロッパ、エールフランス航空、アリタリア航空、チャイナ エアライン、中国東方航空、中国南方航空、チェコ航空、デルタ航空、ガルーダ・インドネシア航空、ケニア航空、KLMオランダ航空、大韓航空、ミドル・イースト航空、サウディア、タロム航空、ベトナム航空、廈門航空となります。スカイチームは、世界177カ国の1,052都市へ向けて毎日16,320便以上のフライトを運航し、年間6億1,200万人のお客様にご利用いただいております。

www.skyteam.com / www.facebook.com/skyteam / www.youtube.com/user/skyteam